院長挨拶


伊藤 由香

人に貢献できるお仕事をさせて頂く

院長伊藤 由香いとう ゆか

生年月日:1974年2月3日 みずがめ座
血液型:B型
思い立ったが吉日、息子2人のお母さんです。

この恵那頭痛整体ひまわりは、私の主人の頭痛がきっかけとなり開業しました。主人の頭痛は、音や光、匂いなど、日常生活のちょっとした刺激が原因で起きていました。
病院やさまざまなサロン、カイロなどへ通っても改善は見られず、高額な薬に頼る日々を送っていたある日、「日だまりショット」を知りました。
主人の場合、施術直後は強い好転反応が出ましたが、その後は頭痛がなくなり、今ではメンテナンスをしながら、薬を飲まなくてもいい日々が続いています。
身近でそんな主人の様子を見ているからこそ、恵那頭痛整体ひまわりは、きっと頭痛でお悩みのあなたの力になれます。
わたしの頭痛は治らないのではないか?と諦めてしまう前にまずはご相談ください。

プロフィール

思い立ったが吉日
もしもあなたの今を変えたいのなら…。

40歳を過ぎてから、頭痛整体治療家を目指しました。
中には、反対をした友達もいます。
「今さら新しいことを始めるのは大変だよ」と。

あの時、「思い立ったが吉日」と挑戦したから、
今、頭痛治療家として、たくさんの女性の頭痛を改善してきました。

私のプロフィールを読んで、頭痛治療をあきらめている方が
「本気で治そう」と思ってくださることを期待しています。

小学生の頃の占いの結果は「ボランティア」

私は一人っ子です。なので、兄弟で喧嘩をするというのがうらやましくて仕方ありませんでした。
幼い頃は人見知りもありましたが、おおらかな両親に、のびのびと自由に育てられました。

小学生になり、当時はやっていたマンガ雑誌の占いで私に合う仕事は「ボランティア」とありました。
ボランティアか…
女の子ならだれもが憧れる華やかな職業を期待していたので、当時の小学生にはイメージしにくい、ボランティアという結果に少しがっかりしていました。

腸内環境って…大切!

短大を卒業し、「思い立ったが吉日」とばかり、ワーキングホリデーで海外へ行くことを決めました。
アルバイトを掛け持ちしてお金を貯め、いよいよ海外へ…!!
1年間の海外生活。
しかし現地でも日本人と過ごすことが多く、あまり英語力を身につけることはできませんでした。

帰国後、大手英会話学校に営業事務として就職。
講師は日本を好きな外国人で、日本語が話せる方も多かったため、特に不自由なく日本語での会話も多かったです。
そのため結婚するまで5年ほど勤めましたが、英語力は身につきませんでした。

それどころか、自宅から名古屋までの約1時間半の電車通勤。
毎日外食、帰りはいつも終電。
不規則な生活から肌荒れがひどく、春先には花粉症に。ティッシュペーパーが話せない毎日でした。
睡眠時間が極端に短いので疲れが取れず、毎日体調がすぐれませんでした。
今思えば、食、睡眠、運動不足から腸内環境が最悪の状態だったのだと思います。

二人目不妊。健康って…なんだろう?

「二人目不妊」をご存知ですか?
そろそろ二人目の赤ちゃんが欲しいな…と思ってもなかなか授からない。
妊娠しても流産してしまう。
私は二人目不妊で2度流産を経験し、下の子が生まれるまでに7年かかりました。
周りからは「二人目まだ?」というプレッシャーもあり、本当につらい日々でした。
いろいろ勉強していくうちに、赤ちゃんが授かるということは「奇跡」で、生まれてくる命の尊さを痛感しました。
そして「病氣をしていない」と「健康」はイコールではないということにも氣づかされました。

出会うべくして出会った仕事「頭痛治療家」

子育てをしながら働ける職場を転々といながら、自然派商品を扱う会社「生活の木」に入社しました。
もともとアロマやハーブには興味があり、仕事でも勉強をしていくうちに、「健康」についてさらに考えるようになりました。
そのころ氣になっていたこと、それは主人の頭痛。
主人の家系はもともと頭痛持ちが多く、特に主人はちょっとした生活音や光、においなどが原因で薬を飲んでも治らないような頭痛が起きていました。

鍼灸マッサージはもちろん、カイロや整体、さまざまなサロン、そして病院にも通い、1錠数百円もする薬を飲んでいました。

もしも主人の頭痛が治ったら…

お休みの日に家族で出かける予定をたてていたとしても、頭痛。
頭痛持ちの方は経験されたことがあるかもしれませんが、仕事がお休みでホッとするときにおこる「休日頭痛」がよくありました。
主人も薬を飲み出かけてくれるのですが、憂鬱で辛そうな表情をしていると出かけることが申し訳なく、誰も悪くないのに重苦しい雰囲氣になっていました。

もしこれが無くなったら…もっと楽しい時間が増えるはずなのに。

こんなことを考えていたある日、「セラピスト」という雑誌の記事に目が留まりました。

頭痛整体

「なにこれ?」
引き寄せられるように記事を読み
「これだ!」

勇気を振りしぼって!前進!!

今まで、子育てとパートの仕事
子どものころから「思い立ったが吉日」で行動する私。
熱しやすく冷めやすい。
子どもの頃の習い事も、お金を貯めていったワーキングホリデーも英語力も、考えてみればどれも中途半端でした。

でもこの頭痛整体だけは今までとは違う何かを感じたのです。

周りからは「もう40歳を過ぎているんだよ。今さら資格や技術を身につけるなんて遅すぎる」と反対をされました。
しかし家族からは「頑張ってやってみればいいよ」と応援の声。
その声に背中を押され、一歩前に進むことにしました。

まずは主人に効果が現れ…

頭痛整体の「日だまりショット」の効果は、のちに主人に現れました。
「これはすごい!」
それからは、まるでとりつかれたかのように必死で勉強をしました。

最初は冷ややかだった周囲の人も、私の姿には驚いていました。

主婦としての仕事、母としての仕事を家族が快く引き受けてくれたので、私は安心して勉強に集中することができたのです。

感謝の声にさらに前進!

ある患者さんに言われたうれしい一言があります。
「頭痛が無くなり、人生が変わりました」
その言葉、その気持ちはとてもよくわかります。
私が主人の体のメンテナンスをしながら、以前よりも頭痛が無くなってからは今までとは全く違う人生を歩いているかのように、毎日生き生きと元気に過ごしているからです。
そして私たち家族も、主人の頭痛で我慢してきたことが無くなり、毎日の生活が変わりました。

主人を見ていると、頭痛で困っている人、苦しんでいる人、すべてに頭痛のない生活を送ってもらいたいと思うのです。
そして、その家族も私たちのように幸せになってもらいたいと思うのです。

頭痛のない生活から健康な生活へ…という思いから、「腸もみ」もメニューに追加しました。
腸の状態は体の状態と言っていいほど、腸は大切な臓器です。

「腸もみ」についてはこちらのページへ

腸もみ

これが私のボランティア

私は、頭痛整体や腸もみで直接健康な体になるお手伝いをしながら、ブログで健康情報も発信しています。

子どものころ、マンガ雑誌の占いの結果「ボランティア」。
これが私のボランティアなのだと、30年以上たってわかりました。

頭痛のメカニズムや頭痛の方に多い姿勢、食べ物、日々氣をつけること、ハーブやアロマのことなどは、どうぞブログをご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ひとりでも多く、頭痛のない生活を送っていただけますように。

フォトギャラリー

©  恵那頭痛整体ひまわり All Rights Reserved.
PAGE TOP